【スプリガンズ】 カードの考察

スプリガンズロッキー 遊戯王

【スプリガンズ】 カードの考察

スプリガンズロッキー

 

スプリガンズは「BLAZING VORTEX」にて登場の炎属性・機械族のエクシーズメインのテーマです!

メインデッキのモンスターは共通して「手札・場・墓地からX素材にできる」強力な効果を持っています

エースとなる「スプリガンズ・シップ エクスブロウラー」は変わった効果を持っており、最大5枚の対象を取らない破壊が可能です。


スプリガンズ メインモンスター

共通で「手札・場・墓地」からスプリガンズのX素材になれる効果を持っています!
なるべくアドを失わない様に墓地からの素材化を狙っていきたいですね!

 

スプリガンズ・ピード

スプリガンズピード

効果モンスター
星4/炎属性/機械族/攻 0/守2000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードをリリースし、「スプリガンズ・ピード」以外の自分の墓地の「スプリガンズ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):このカードが手札・フィールド・墓地に存在する場合、
自分フィールドの「スプリガンズ」Xモンスター1体を対象として発動できる。
このカードをそのモンスターの下に重ねてX素材とする。

場のモンスター数は変わりませんが

  • 特殊召喚時にサルベージを行える「ロッキー
  • 単体除去を行える「キャプテン
  • エースモンスターの「エクスブロウラー

を蘇生出来れば強力ですね!

 

リリースされても素材にできるのでガンガン回していきましょう!

 

 

スプリガンズ・ロッキー

スプリガンズロッキー

効果モンスター
星4/炎属性/機械族/攻1800/守 800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
「スプリガンズ・ロッキー」以外の自分の墓地の、
「スプリガンズ」モンスター1体または「大砂海ゴールド・ゴルゴンダ」1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。
(2):このカードが手札・フィールド・墓地に存在する場合、
自分フィールドの「スプリガンズ」Xモンスター1体を対象として発動できる。
このカードをそのモンスターの下に重ねてX素材とする。

このデッキのキーカードとなるフィールド魔法をサルベージできます。

テーマ内にフィールド魔法のサルベージ持ちがいるのは長期戦を考えると便利が良さそう。

 

モンスターのサルベージも、フィールド魔法のコストに使えるので序盤から役立ちそうな1枚です。

 

 

スプリガンズ・キャプテン サルガス


スプリガンズキャプテンサルガス
効果モンスター
星8/炎属性/機械族/攻1500/守2800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・フィールド・墓地に存在する場合、
自分フィールドの「スプリガンズ」Xモンスター1体を対象として発動できる。
このカードをそのモンスターの下に重ねてX素材とする。
(2):相手ターンに、自分フィールドのX素材を1つ取り除き、
フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
(3):このカードを素材として持っている「スプリガンズ」Xモンスターは以下の効果を得る。
●このカードの攻撃力は500アップする。

「エクスブロウラー」を警戒して、離れた場所に置かれたカードを狙い撃ちする事ができます。

フィールド魔法とこのカードを合わせると「エクスブロウラー」は3100の高打点になれるのも良いですね。

 

スプリガンズ・バンガー

効果モンスター
星8/炎属性/機械族/攻 500/守2500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・フィールド・墓地に存在する場合、
自分フィールドの「スプリガンズ」Xモンスター1体を対象として発動できる。
このカードをそのモンスターの下に重ねてX素材とする。
(2):自分の墓地から「スプリガンズ・バンガー」以外の「スプリガンズ」モンスター1体とこのカードを除外して発動できる。
デッキから「スプリガンズ」カード1枚を手札に加える。

ちょっと扱いが難しい1枚です(笑)

素材要因ですね。

 

スプリガンズ EXモンスター

現在はまだ1種類のみですが、今後も増えていきそうな予感がビンビンしますね(笑)

 

世間ではランク4の新規が来るとか言われてますので今後の新規に期待大ですね!

 

スプリガンズ・シップ エクスブロウラー

エクシーズ・効果モンスター
ランク8/炎属性/機械族/攻1600/守2500
レベル8モンスター×2体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手のモンスターゾーンまたは魔法&罠ゾーンを1ヵ所指定して発動できる。
このカードのX素材を任意の数だけ取り除き、
その数だけ、指定したゾーン及びその前・後・隣のゾーン(モンスターゾーン・魔法&罠ゾーン)に存在するカードの中から、
相手のカードを選んで破壊する。
(2):相手のメインフェイズ及びバトルフェイズに発動できる。
このカードをエンドフェイズまで除外する。

(1)は爆弾の爆心地を決め、そこを中心とした十字範囲を対象を取らずに破壊です。

 

遊戯王では珍しい効果ですね(笑)

単純に対象を取らずに複数枚のカードを破壊できるのは強力ですね!

 

(2)は相手の攻撃や効果から逃れることが出来ます。

フィールド魔法と合わせると攻撃を抑制できます。

単純に場持ちが良くなるので良い効果ですね(笑)

 

スプリガンズ 魔法カード

現状フィールド魔法とそのサポートをするカードのみです。

今後の新規カードに期待ですね!

 

大砂海ゴールド・ゴルゴンダ

フィールド魔法
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドの「スプリガンズ」Xモンスターの攻撃力は1000アップする。
(2):自分フィールドに「スプリガンズ」Xモンスターが存在しない場合、
手札から「スプリガンズ」カード1枚を捨てて発動できる。
EXデッキから「スプリガンズ」Xモンスター1体を特殊召喚する。
(3):自分フィールドの表側表示のXモンスターが効果でフィールドから離れた場合、
相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスターは攻撃できない。

(1)により貧弱なステータスの「エクスブロウラー」を2600まで強化出来ます!

 

(2)がこのカードの真価です。

手札コスト1枚で「エクスブロウラー」を特殊召喚できます!

しかも、この時のコストがスプリガンズモンスターであれば、そのままX素材として仕込むことが出来ます!

 

注意点としては、正規召喚ではないので蘇生制限を満たしていません。

「ピード」で蘇生することが出来ないので注意です。

 

(3)は「エクスブロウラー」の離脱効果に反応して攻撃を抑制出来ます。

「エクスブロウラー」が抜けて不安なフィールドを守る事ができますね。

 

初手で持ってこれるようにサーチ手段は豊富に用意しておきたい1枚です。

スプリガンズ・ウォッチ

スプリガンズウォッチ

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから「大砂海ゴールド・ゴルゴンダ」1枚を手札に加える。
自分のフィールドゾーンに「大砂海ゴールド・ゴルゴンダ」が存在する場合、
代わりに以下の効果を適用できる。
●デッキから「スプリガンズ」モンスター1体を手札に加え、
デッキから「スプリガンズ」モンスター1体を墓地へ送る。

テーマ内のフィールドサーチは心強いですね!

 

フィールドがある状態だと別の効果が使えるので腐りにくい性質があります。

 

 

スプリガンズ 罠カード

「アルバスの落胤」に関わる効果が含まれています。

 

是非とも合わせて採用したいですね!

 

アルバスの落胤の詳細はこちら

 

スプリガンズ・コール!

通常罠
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地の、「スプリガンズ」モンスターまたは「アルバスの落胤」1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):自分の墓地からこのカードと融合モンスター1体を除外し、
自分フィールドの「スプリガンズ」Xモンスター1体を対象として発動できる。
EXデッキから「アルバスの落胤」を融合素材とする融合モンスター1体を選び、
対象のモンスターの下に重ねてX素材とする。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

シンプルな墓地蘇生は各種素材に使える万能効果ですね。

 

(2)の墓地効果はX素材確保だけではなく素材化した融合モンスターは墓地に送られると共通効果が使用できます。

 

 

 

スプリガンズ・ブラスト!

スプリガンズブラスト

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに「スプリガンズ」モンスターが存在する場合、
相手のメインモンスターゾーンを1ヵ所指定して発動できる。
そのゾーンに表側表示モンスターが存在する場合、
このターン、そのモンスターは直接攻撃できず、効果は無効化される。
そのゾーンにモンスターが存在しない場合、
このターン、指定したゾーンは使用できない。
自分フィールドに「アルバスの落胤」を融合素材とする融合モンスターが存在する場合、
この効果で指定するゾーンを2ヵ所にできる。

 

条件は少し厳し目ですが、効果無効を同時に2体まで選べるのは強力ですね!

 

関連カード

現状「スプリンド」の効果で「スプリガンズ」がサポートされています。

鉄駆竜スプリンド

鉄駆竜スプリンド
融合・効果モンスター
星8/闇属性/機械族/攻2500/守2000
「アルバスの落胤」+このターンに特殊召喚された効果モンスター
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
自分フィールドのこのカードの位置を、
他の自分のメインモンスターゾーンへ移動する。
その後、移動したこのカードと同じ縦列の他の表側表示のカードを全て破壊できる。
(2):このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから「スプリガンズ」モンスターまたは「アルバスの落胤」1体を選び、手札に加えるか特殊召喚する。

相手ターンであれば過去1番といって良い程の素材の緩さ(笑)

「スプリガンズ・コール!」で蘇生させるのが簡単ですね。

 

縦列のカードを破壊する効果ですが、自分のカードも破壊してしまうので注意が必要です。

 

スプリガンズ まとめ

以上「BLAZING VORTEX」にて登場の「スプリガンズ」の紹介でした!

 

何度も素材になるメインモンスター

対象を取らずゾーンを対象とするエクシーズ

手札コスト1枚でエクシーズするフィールド魔法

 

色々と新しい「スプリガンズ」に今後も期待大ですね!

 

後日「ほぼ純構築」のデッキレシピを投稿しますのでよろしければ覧ください!



コメント

  1. […] 【スプリガンズ】 カードの考察 […]

タイトルとURLをコピーしました