【ラヴァル】新規の考察と旧カードのおさらい

ラヴァル_アイキャッチ 遊戯王

「ラヴァル」新規の考察と旧カードのおさらい

ラヴァル_アイキャッチ

こんにちは!来季のアニメが待ち遠しいリンクリボーのlogoくーや(@ku_ya7)です!

Twitterでは遊戯王・アニメ等の適当なことを呟いているので良かったらフォローお願いします!

 

今回の記事では12/5に発売の「SELECTION 10」に収録される「ラヴァル」についての記事です!

ラヴァルとは

DUEL TERMINALで登場した炎属性シンクロ・エクシーズを扱うテーマです。

特徴としては、ラヴァル専用のおろ埋である「炎熱伝導場」で墓地を肥やします。
ラヴァル炎火山の侍女」を含めると一気に5枚まで墓地肥やしが可能です!

また、「真炎の爆発」の対象となる守備200の炎属性も多数含まれるテーマなので
上記の手順で肥やした墓地から一気に大量展開が可能となっています。

 

大量展開した後は「シューティング・クェーサー・ドラゴン」や「スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン」などの大型シンクロモンスターに繋げていくのが個人的には使っていて楽しかったです(笑)


ラヴァル 既存カードの一部を紹介

炎熱伝導場


炎熱伝導場
通常魔法
(1)
:デッキから「ラヴァル」モンスター2体を墓地へ送る。

SELECTION 10にて再録

後述の侍女と他の「ラヴァル」を同時に落とすことで最大5枚の「ラヴァル」モンスターを墓地に落とす事ができます。

 

ラヴァル炎火山の侍女


ラヴァル炎火山の侍女
チューナー・効果モンスター
星1/炎属性/炎族/ 100/ 200
(1)
:このカードが墓地へ送られた時、
自分の墓地に「ラヴァル炎火山の侍女」以外の「ラヴァル」モンスターが存在する場合に発動できる。
デッキから「ラヴァル」モンスター1体を墓地へ送る。

SELECTION 10にて再録

前述の「炎熱伝導場」の効果で他の「ラヴァル」と共に墓地に落とすことで続けて墓地に「ラヴァル」を墓地に送ることが出来ます。

守備力200で後述の「真炎の爆発」に対応している点でも優秀な1枚です。

 

真炎の爆発


真炎の爆発
通常魔法
(1)
:自分の墓地から守備力200の炎属性モンスターを可能な限り特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、このターンのエンドフェイズに除外される。
リスク・デメリットがほぼなしの同時召喚であり、「ラヴァル」テーマのカードではありませんが、相性バツグンの1枚です。
前述の「炎熱伝導場」で墓地に溜めたモンスターを一気に召喚してシンクロやエクシーズに繋げましょう!

ラヴァル 新規の追加による変化

現状判明している新規カードは2種類
ラヴァル・アーチャー
ラヴァルバル・サラマンダー

新規モンスターは共に守備力200であり、「真炎の爆発」に対応しています!

 

ラヴァル・アーチャー


ラヴァル・アーチャー
効果モンスター
星4/炎属性/炎族/1000/ 200
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1)
:このカードが召喚に成功した場合に発動する。
このターン、自分は通常召喚に加えて1度だけ、
自分メインフェイズに「ラヴァル」モンスター1体を召喚できる。
(2)
:このカードが墓地に存在する場合、
自分フィールドの炎属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊し、このカードを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
このターン、自分は炎属性モンスターしか特殊召喚できない。

(1)の召喚権の増加はシンクロ・エクシーズと相性が良く、シンプルで扱いやすいですね。

(2)今風な自己蘇生効果です。
破壊をトリガーに出来る「ラヴァル・ランスロッド」と相性が良いです。
除外されてしまうデメリットは、X素材とすることで回避出来るのでなるべくエクシーズを狙いたいですね。

守備力200なので「真炎の爆発」に対応しており、同じレベル4の「ラヴァルのマグマ砲兵」を絡めてエクシーズを狙うことが出来ます。


ラヴァル・ランスロッド
効果モンスター
星6/炎属性/戦士族/2100/ 200
このカードはリリースなしで召喚できる。
この方法で召喚したこのカードは、エンドフェイズ時に墓地へ送られる。
フィールド上のこのカードが破壊され墓地へ送られた時、
ゲームから除外されている
自分の炎属性モンスター1体を選択して手札に加える事ができる。

ラヴァルのマグマ砲兵
効果モンスター
星4/炎属性/炎族/1700/ 200
手札から炎属性モンスター1体を墓地へ送って発動する。
相手ライフに500ポイントダメージを与える。
この効果は1ターンに2度まで使用できる。

ラヴァルバル・サラマンダー


ラヴァルバル・サラマンダー
シンクロ・効果モンスター
星7/炎属性/ドラゴン族/2600/ 200
チューナー+チューナー以外の炎属性モンスター1体以上
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1)
:このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
自分はデッキから2枚ドローし、その後手札から炎属性モンスターを含むカード2枚を墓地へ送る。
手札に炎属性モンスターが無い場合、手札を全て公開し、デッキに戻す。
(2)
:1ターンに1度、自分の墓地から炎属性モンスター1体を除外して発動できる。
自分フィールドの「ラヴァル」モンスターの数まで相手フィールドの表側表示モンスターを選んで裏側守備表示にする。

(1)は手札交換と共に墓地肥やしが可能である「ラヴァル」に合った効果ですね。
リスクがかなり大きいので、手札に炎属性がいない場合は使用を控えた方が良いでしょう。

(2)は生きる「月の書」の様な効果ですね。
コストを1枚必要としますが、複数枚まとめて対象を取らずに裏返せるのはかなり強力!

リンクモンスターには無力なので注意が必要ですね。

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました