融合新規で凶暴化!【エルドリッチ】考察

エルドリッチ新規カード 遊戯王

融合新規で凶暴化!【エルドリッチ】

エルドリッチ新規カード

 

エルドリッチに新規カードが登場!

BLAZING VORTEX」にて「エルドリッチ 」関連のカードが新登場します!

シークレットスレイヤーズ」にて登場した、エルドリッチと同期の「六花」「アダマシア」に続いて待望の強化です!

 

黄金狂エルドリッチ

黄金狂エルドリッチ
黄金狂エルドリッチ
融合・効果モンスター
星10/光属性/アンデット族/攻3800/守3500
「エルドリッチ」モンスター+レベル5以上のアンデット族モンスター
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、
カード名を「黄金卿エルドリッチ」として扱う。
(2):フィールドのこのカードは戦闘・効果で破壊されない。
(3):自分フィールドのアンデット族モンスター1体をリリースし、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのコントロールを得る。
そのモンスターはターン終了時まで、攻撃できず、効果を発動できない。

融合素材について

「エルドリッチ」モンスター+レベル5以上のアンデット族モンスターというかなりゆる〜い素材指定です。

黄金郷罠モンスター

融合素材となるレベル5以上のアンデット族モンスターですが、各種「黄金郷」罠カードの効果によって特殊召喚される罠モンスターが対応しています。

 

ユニゾンビを使う

元々相性が良く、エルドリッチと同パックに再録された「ユニゾンビ」を採用している場合、2つの効果を使用してレベルを5に調整する事で融合素材にすることもできます。

 

アンデッドワールドで相手を巻き込む

アンデットワールド」を採用している場合は、相手のレベル5以上のモンスター全てを融合素材に出来るので「超融合」と共に採用するのもアリですね!

 

ドラゴネクロも採用できる

全く同じ素材を使って「冥界龍 ドラゴネクロ」も融合召喚出来るので「黄金郷」とセットで採用すると良いでしょう

効果の考察

(1)黄金卿エルドリッチとして扱う

各種「黄金郷」罠の「自分フィールドに「黄金卿エルドリッチ」が存在する場合、・・・」の追加効果を使うことができます。

 

素体のエルドリッチがいなくても追加効果が使えるのは便利ですね。

 

(2)戦闘・効果で破壊されない。

素体のエルドリッチの効果で付与できる耐性をより強化した物です。

この強固な体制によりかなり場持ちが良いと考えられます。

また、「白き宿命のエルドリクシル」「紅き血染めのエルドリクシル」によって墓地からの蘇生も簡単に行えます。

強固な耐性を持ちながら、蘇生も簡単となると相手はかなり苦戦するでしょう。

 

相手モンスターのコントロールを奪う

(3)のコストには「黄金郷」罠モンスターが理想的ですが、素体のエルドリッチは墓地から蘇生可能なのでガンガン使っていきたい効果です。

アンデットワールド」を採用していれば、この効果でコントロール奪取した相手モンスターをコストに使用できるので、効果をループさせることができます。

 

融合素材の関係で相性の良い「ドラゴネクロ」がいれば、効果で召喚したトークンもコストとして使用できます。

 

コントロール奪取したモンスターは、ターン中効果と攻撃を封じられてしまいますが、コントロール奪取は永続ですので、次ターンから自由に扱うことができます。

リンク素材に使ってしまうのも良しの便利な効果です。

 

黄金郷の七摩天

黄金郷の七摩天
黄金郷の七摩天
永続魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
自分の手札・フィールドから、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
その際、融合素材モンスターは全てアンデット族モンスターでなければならない。
(2):カードの効果でアンデット族モンスターが特殊召喚された場合、
魔法&罠ゾーンにセットされたカード1枚を対象として発動できる。
セットされたそのカードはこのターン発動できない。

 

効果の考察

(1)融合効果

アンデット素材限定の融合魔法です。

素材にアンデットを要求しているだけなので、ドラゴン族である「冥界龍 ドラゴネクロ」も召喚可能です。

 

融合素材が闇属性アンデットであれば「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」も融合できます。

 

永続魔法なので毎ターン継続して融合する事も可能ですが、融合召喚後にも場に残っているので融合素材として墓地に送られた「黄金卿エルドリッチ」の蘇生コストとして利用できます。

 

融合体と素体、両方のエルドリッチを並べられると攻撃力の合計は黄金卿の+1000を加えて7300となりますのでメイン2で「グスタフマックス」を出してしまえば、ほぼゲームエンドです(笑)

 

セットカードの封印

(2)のセットカードをターン中封印する効果は元々「エルドリッチ」と相性の良かった「魔封じの芳香」と相性が良いです。

相手に通常魔法をセットさせ、「黄金郷」罠カードを相手スタンバイフェイズに発動し、アンデッド罠モンスターを特殊召喚することでターン中の発動を防ぐことができます。

 

【エルドリッチ】新規カードの弱点

超融合

環境デッキでもある「エルドリッチ」に対するメタカードとして「超融合」が増えます。
こちらの場を除去しつつ、強力な「黄金狂」を融合召喚されてしまいます。

 

速攻魔法であるため、こちらの「黄金郷の七摩天」よりも早く融合されてしまう点にも注意です。

スキドレが使いにくい

「黄金郷エルドリッチ」はフィールド上で発動する効果が無いため、「スキルドレイン」と相性が抜群でした。
しかし、「黄金狂」はフィールドで起動する効果があるのでスキドレ下では使えません。

金満が採用しにくい

元々EXデッキを使わないデッキの為、ドローソースとして「強欲で金満な壺」と相性が良く、多くの方が採用していたかと思います。

EXデッキを除外する「強欲で金満な壺」は使いにくくなります。
「黄金狂」を多めに採用することである程度リスクは回避できますが、運が大きく関わるので安定はしません。

初手では罠モンスターが出せないので融合できない

融合素材として多く使われる「黄金郷」罠モンスターは初ターンから召喚できないので融合は厳しいです。

元々初ターンから動くデッキでは無いので大きな問題無いかもしれません。
初手に「エルドリッチ」が2枚あれば問題ないですが。。。(笑)

 

まとめ

まさかの融合方面へと強化された「エルドリッチ」に今後も注目ですね!

 

弱点に気をつけて採用を検討してみては如何でしょうか?

 

新規の収録されるパックの購入はこちらからどうぞ!!


コメント

タイトルとURLをコピーしました